カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

吉野太夫花供養・常照寺


d0116099_8522322.jpg

常照寺は、日乾上人に帰依した吉野太夫ゆかりの寺として知られ、太夫の墓や太夫が寄進した「吉野の赤門」と呼ばれる山門、吉野窓(茶室)、吉野桜も有名。

寺の始まりは元和2年(1616)、本阿弥光悦の子・光嵯が発願し、本阿弥光悦の寄進した土地に日蓮宗中興の寂照院日乾上人を招じて開祖。

寛永4年(1627)には僧達の学問所として鷹峰壇林(学寮)を開設。往時は大小の堂宇が建ち並び、山城六壇林として栄えたが明治に廃止されている。

赤い山門は「吉野門」とも呼ばれているが、名妓2代目吉野太夫の寄進。

寛永5年(1628)、日乾上人に帰依した吉野太夫(23歳の時)が、私財を投じて山門を寄進したもの。

太夫は、都の六条三筋町(後の島原)に在った廓の名妓で、遊女としての最上位にあたる太夫。

教養が高く、和歌、連歌、俳句、書、茶道、華道、音曲、囲碁、双六など諸芸に優れていただけでなく、その美貌は遠く唐(中国)にまで伝わっていたという。

当時の上流社会の社交場の花であった太夫は、京の豪商で文化人でもあった灰屋(佐野)紹益に見初められることとなった。

しかし、身請けしようとした紹益の親は猛反対。

その後、吉野太夫に会った親は、身請けを許している。この二人のロマンスは、歌舞伎などでも演じられ有名。

なお、吉野は38歳という若さで病死してが、日乾上人に帰依し、生前には山門を寄進した縁もあり、この寺に葬られたもの。



吉野太夫とは


江戸時代の初期、京の遊郭で天下の名妓とうたわれていたのが二代目吉野太夫。

常照寺の朱色の山門には「吉野門」の名札が掛けられているが、その吉野太夫の寄進により建てられたものである。

太夫は日頃から熱心な法華経の信者。

ある日、人として生きる道を仏法に求めようと日乾(にちけん)上人を頼って常照寺へ訪れ「法華経こそ一切女人成仏の印文なり」と導かれた太夫は、日乾上人への帰依の証しとして私財を投じて山門を寄進したのである。

二代目吉野太夫は、慶長11年(1606)3月3日、京都市東山区にある現在の国立京都博物館近くで生まれている。

本名を徳子といい、父は松田武左衛門で西国の武士であったが流浪のすえ京に住んでいた。

7歳(1613)のとき父が亡くなり、訳あって六条三筋町の遊里「扇屋」に預けられることになった。

最初は禿(かむろ)として太夫などの雑女をしていたがその時から美しさは際立ち、遠く唐(中国)の国にまで知れていたという。

14歳の若さで太夫の位について源氏名を「浮舟」としたが、遊郭の入口近くに咲く桜を見て詠んだ句から名を「吉野」にかえている。

当時の太夫は、容姿が整い美しいだけでなく、一流の教養や芸能を身につけていなければならず、それだけに太夫の力は絶大だった。

二代目吉野太夫は、書画、和歌、俳歌、花道、茶湯、聞香、太鼓、鼓、琴、三味線、囲碁、双六など諸芸に優れ「三筋町七人衆の筆頭」「寛永三名妓」などと呼ばれ呼ばれていた。

こうした才色兼備の名妓吉野に思いを寄せ、通い続けた男が二人。

その二人とは、京の町を代表する文化人、関白の近衛信尋と本阿弥の親戚にあたる灰屋紹益(本名佐野三郎重孝といい、剃髪して紹益と号した)であった。

紹益は、もともと本阿弥光益の子であったが養子で佐野家にいった。

家業が南北朝時代からの紺灰(藍染に使用する灰)問屋を営むことから、屋号が通称になって灰屋紹益と呼ばれていた。

富商であった財力をもとに生涯を趣味と雅やかな生活を楽しみ、和歌、茶の湯、蹴鞠などに秀でていた。

紹益は、公卿と張り合い、寛永8年(1631)千三百両で吉野太夫を身請している。

吉野26歳の時であったという。

このとき紹益は親の許しが得られず駆け落ちした話は有名。

この父が、雨にあって傘を借りに入った家で、世話をしてくれた女の茶立てやその他の振る舞いが礼にかなっているのに感服、その女が吉野であることが分って、勘当をゆるしたという。

二人は東山の音羽川のほとりに住まいを構え幸福な家庭を営んだ。

寛永20年(1643)8月25日、吉野は38歳の若さで没し、甘い生活はわずか12年間と短く、紹益は恋慕のあまり吉野の荼毘の骨灰を呑みほし、「都をば花なき里となしにけり吉野の死出の山にうつして」と詠んだ。

吉野は、本来なら夫の菩提寺である立本寺(りゅうほんじ)に葬られるはずだが、遺言から帰依した日乾上人により生前に山門を寄進した縁もあり、常照寺に葬られた。


4月19日

拝観料: 当日券5000円(8時半~受付)、前売券4500円


アクセス

市バス「鷹ヶ峰源光庵前」下車、徒歩約2分

【JR嵯峨野線「二条駅」から6号系統、又は市地下鉄烏丸線「北大路駅」(北大路バスターミナル)から北1〔仏教大学前系由〕系統のいずれか】。

拝観時間

8:30~17:00

拝観料

300円

住所

京都市北区鷹峰北鷹峰町45

電話

075-492-6775


d0116099_8524587.gif
[PR]
by taoya3 | 2009-04-17 08:52 | 京都歳時記